成形性指標のシミュレーション

成形性指標のシミュレーションを設定する方法について説明します。

モデルを開く

  1. ファイルアイコンでモデルを開くツールをクリックします。


  2. ファイルを開くダイアログで、インストールディレクトリのtutorialsフォルダーに移動します。標準的なパス:Program Files\Altair\2023.1\InspireForm2023.1\tutorials\wheelhouse.x_t

中間サーフェスの抽出

  1. ワンステップリボンをクリックします。
  2. フェイスの抽出アイコンで、中間サーフェスパートツールをクリックします。
  3. ガイドバーで、中間サーフェスをクリックします。


    元の薄肉ソリッドは非表示で、非アクティブになっています。中間サーフェスが作成されると、厚みが自動的に計算されてパートに割り当てられ、プロパティエディターで表示できるようになります。

穴を埋める

  1. デフィーチャーアイコンでフィル - 穴ツールをクリックします。

    デフォルトでは、モデル内のすべての穴が選択され、赤でハイライトされます。見つかった穴の合計数が、デフィーチャーツールグループの上に表示されます。

  2. ガイドバーで、をクリックします。


カット部分のフィル

  1. デフィーチャーアイコンで、フィル - カット部分ツールをクリックします。
  2. 左クリックして、カット部分の開始点と終了点を選択します。以下の画像に示されている4つのカット部分を選択します。識別されたカット部分が選択され、赤でハイライトされます。
  3. ガイドバーで、をクリックします。


システムライブラリの材料の割り当て

  1. パートを右クリックして、コンテキストメニューから材料ライブラリを選択します。
  2. 材料ウィンドウの材料ライブラリタブで、材料SAE_J2329_CR_1_CQを選択します。
  3. をクリックします。
  4. 閉じるをクリックします。

テストデータに基づいた材料の作成と割り当て

.xlsxファイルのテストデータを使用して新しい材料を作成します。

このトピックの例では、外部.xlsxファイルのテストデータが含まれています。
  1. Microsoft Excelで、<installation_directory>\InspireForm2023.1\tutorials\Material_Data.xlsxファイルを開いて確認します。以下のようなデータが表示されます:


    注: .xlsファイルからデータをコピーし、 Inspire Formの材料ダイアログの適切なプロパティ欄に直接貼り付けることができます。
  2. Inspire Formインクリメンタルタブで、アイコンをクリックします。


  3. 材料ダイアログで、ユーザー定義の材料タブを選択します。
  4. 材料の作成ボタンをクリックします:


  5. 名前欄に、DP780と入力します。
  6. タイプ欄で、を選択します。
  7. 弾性タブを選択します。
    1. ヤング率は、一定を選択し、180000 MPaを入力します。
    2. 降伏応力には、.xlsxファイルの次の値を入力します:684.2MPa
  8. 塑性タブを選択します。
  9. 応力-ひずみとして、データポイント(真)を選択します。
  10. .xlsxファイルでパラメータ値を探し、異方性に次のように入力します。
    1. R00には、0.691と入力します。
    2. R45には、1.050と入力します。
    3. R90には、.959と入力します。
  11. 降伏基準として、Barlat 3 parameterを選択します。
  12. 指数(m)は、6.0を選択します。
  13. データポイントボタンをクリックして、真ひずみ真応力のカラムを開きます。
  14. 真ひずみカラムの1つ目のセルで、右クリックしてすべてクリアを選択します。


    既存のデータポイントが削除されます。
  15. .xlsファイル内の Plastic Strain カラムと True Stress (MPa)カラムをコピーして、材料ダイアログのデータポイントカラムに貼り付けます。
    新しい値が材料定義に追加されます。
  16. FLCタブをクリックします。各パラメータを確認して、このタブはデフォルト値のままにします。
  17. 作成をクリックします。
    Steel DP780ユーザー定義の材料に追加されます。
  18. 閉じるをクリックします。
  19. 新しい材料を割り当てるには、モデル上のパートを右クリックして、コンテキストメニューから材料ライブラリを選択します。
    材料ダイアログが表示されます。
  20. ユーザー定義の材料タブをクリックします。
  21. Steel DP780を選択します。
  22. 割り当てをクリックします。


  23. 閉じるをクリックします。

プレス方向の設定

  1. 向きツールグループのプレス方向の追加/編集アイコンをクリックします。
  2. マイクロダイアログで、Yをクリックします。
    プレス方向がグローバルY軸に揃えられます。

ブランクホルダーの作成

  1. 拘束アイコンで、ブランクホルダーの追加 / 編集ツールをクリックします。
  2. 以下の画像に示されているブランクホルダーサーフェスを選択します。
    ブランクホルダーサーフェスは、カーソル位置に基づきプリグループ化およびハイライトされます。個別に選択した複数のサーフェスが同じエッジを共有している場合、それらのサーフェスはまとめてグループ化されます。選択されたサーフェスは、赤でハイライトされます。
    • プリグループ化されたブランクホルダーサーフェスを選択するには、左クリックします。
    • 個々のサーフェスを選択するには、Ctrlキーを押しながら左クリックします。
    • 選択にサーフェスを追加するには、Ctrlキーを押しながら左クリックします。
  3. 選択したすべてのサーフェスのブランクホルダーを作成するには、ガイドバーのをクリックします。
  4. 荷重を低に設定するには、マイクロダイアログで、Lをクリックします。

解析の実行

  1. 解析を実行します。
    1. 解析アイコンで解析の実行ツールをクリックします。

    2. 解析の実行ウィンドウで、解析の名前を入力し、実行をクリックします。
  2. 解析結果を表示します。
    1. 解析アイコンで解析結果の表示ツールをクリックします。

    解析エクスプローラが開きます。
    1. ブランク平坦化を表示するには、モデルの下のスライダーで、再生ボタンをクリックします。

    2. 割れ領域をチェックするには、成形性指標結果タイプを選択します。