インクリメンタル解析の実行

インクリメンタル解析用の成形オペレーションを実行します。

  1. インクリメンタルリボンの実行ツールで、解析の実行をクリックします。


  2. 解析の実行ダイアログで、解析の名前を入力します。
  3. 要素サイズを指定します。次のオプションから選択します。粗い細かいカスタムアダプティブカスタムアダプティブの場合は、要素サイズの値を入力してください。アダプティブを選択した場合、要素サイズで指定した最終的な要素サイズに到達するまでに、要素サイズを半分にした反復回数をアダプティブレベルに入力します。メッシュサイズをプリファレンスで設定したデフォルトパラメータに戻すには、稲妻アイコン を使用します。メッシュコースニング(重力解析用):を選択すると、自重たわみステージで粗いメッシュを使用し、精度を犠牲にすることなく解析を高速化できます。
    注: プリファレンスメッシュコースニング(重力解析用):のカスタムレベルを設定します。デフォルトは3です。
  4. ソリッド層で、ソリッド厚のレイヤー数を1~5で指定します。
  5. 開始オペレーションでは、解析を開始するオペレーションを選択します。
    注: このオプションを有効にするには、 Inspire Form 2020またはそれ以降で解析を実行している必要があります。
    注: ステージを変更した場合は、そのステージまたは前のステージを選択して、変更内容を解析に含めるようにしてください。
  6. アニメーションフレームテーブルでは、ツールがシートを変形させるために移動する際のストローク範囲に応じて、アニメーションフレーム数を調整することができます。


    ストローク範囲
    閉じた位置から計測したストロークの上限値
    ストローク増分
    アニメーションフレーム間のツール移動量
    初期値では、閉じた位置から5mm以下の場合、移動1mmごとにアニメーションファイルを作成します。ツールが閉じた位置から5mm以上50mm以下の位置にあるとき、5mmごとにアニメーションファイルを作成します。
  7. 積分点は、モデルの厚さ方向に沿った点で、選択した要素の応力とひずみをさらに計算するために使用されます。ドロップダウンメニューを使用して、解析に使用する 積分点の数を選択します。
  8. オプション: 実行を区別するための実行ノートを入力します。
    注: 解析エクスプローラーダイアログで実行名にカーソルを合わせると、その実行ノートが表示されます。
  9. 実行をクリックします。
    注: デフォルトで、実行は、プリファレンスで指定された実行履歴ディレクトリにモデル名で保存されます。
    重要: モデル設定にエラーがある場合は、エラーメッセージが発行され、実行をキャンセルするのか続けるのかを選択できます。