トリムライン、ピアスライン、ランスラインの定義

解析にトリム操作を追加すると、トリム、ピアス、ランスのラインを定義できます。

  1. 解析に追加したトリムオペレーションを選択します。
    トリム、ピアス、ランスツールは、インクリメンタルリボンに表示されます。


    注: モデルに単一のトリムラインが含まれている場合は、ソフトウェアが自動的にそれを特定します。複数のトリムラインが存在する場合は、より長いラインがトリムラインとして特定され、残りのラインはピアスラインとして特定されます。
  2. トリムピアスまたはランスツールを選択します。
  3. モデル上で、トリムライン、ピアスライン、またはランスラインを作成するラインまたはエッジを選択します。
    注: これはデフォルトで中間面から抽出されます。ガイドバーでトップまたはボトムを選択できます。
  4. クリックして確定するか、ガイドバーで割り当てをクリックします。
    トリムライン、ピアスライン、ランスラインが割り当てられます。各ラインにトリミング方向を示す矢印が表示されます。デフォルトの方向は法線方向の平均に基づいています。
    図 1. トリムラインとピアスラインが表示されたモデル


    図 2. ランスライン付きモデル

トリムライン、ピアスライン、ランスラインの位置の変更

トリムライン、ピアスライン、ランスラインの位置をブランクに合わせます。

  1. 解析に追加したトリムオペレーションで、ツール位置の編集 ツールをクリックします。
    自動と手動のオプションが含まれたガイドバーが開きます。
  2. 次のいずれかを選択します:
    ソフトウェア配置 説明
    自動 ブランクはトリムラインまで自動的に移動します。
    手動

    モデル上で、マニピュレータを選択してドラッグし、ブランクに対してトリムラインを移動します。マニピュレータは、選択されたツールからブランクまでの距離を示します。

    または、マイクロダイアログで、距離の値を入力します。

トリムライン、ピアスライン、ランスラインの方向の変更

トリムライン、ピアスライン、ランスラインの方向を定義します。

  1. モデル上で、トリムライン、ピアスライン、またはランスラインを指している矢印をダブルクリックします。
  2. マイクロダイアログのオプションを使用してライン方向を定義します。
図 3. 選択されたトリムラインが緑色で表示されたモデル

マイクロダイアログオプション

トリムプロセスまたはピアスプロセスの方向を定義するためのオプションを選択します。

アイコン 説明
モデル上に表示されたマニピュレータを使用して絞り方向を手動で定義します。
絞り方向を反転します。
絞り方向をグローバルX軸、Y軸、またはZ軸に揃えます。
パートに揃えます。
グローバルX軸、Y軸、またはZ軸の値を確認します。

キーボードショートカットとマウスコントロール

動作 操作
選択からの追加 / 削除 Ctrl+クリック
選択の反転 Ctrl+R