ピンの追加と設定

ガイドピンをツールセットに追加することで、成形オペレーション時に上側ダイと下側ダイの間にブランクを固定します。

  1. インクリメンタルリボンで、解析に追加した成形オペレーションを選択します。
    このオペレーション用のツールセットが表示されます。
  2. ツールセットの横にあるツールの追加ボタンをクリックします。
  3. 表示されるツールの追加ダイアログで、ピンツールをダブルクリックします。
    ピンがツールセットに追加されます。
  4. ピンツールをクリックします。
  5. モデル上で、ピンを取り付けるツールを選択してから、クリックして確定します。
  6. ピンの反対側の端部を配置するには、ブランク上の任意のポイントまたはエッジを選択し、クリックして確定します。
  7. マイクロダイアログのオプションを使用してピンを定義します。
    • ピンの長さを入力します。
    • ピンの直径を入力します。
    • ピンの長さを手動で定義するには、ピンを選択し、マニピュレータをクリックして上下にドラッグします。


    • トグルをクリックして、必要に応じてピンを内側または外側に調整します。
      ピンがブランクの内側に正しく配置されていない場合は、トグルをクリックしてピンをブランクの外側に移動します。
      図 1. 誤ったピン位置

      図 2. 正しいピンの位置

  8. クリックして、ツールセットのピンを確定します。
    これでピンの設定は完了です。
    注:
    • デフォルトでは、ピンの方向は成形オペレーションの絞り方向に従います。絞り方向を変更した場合は、ピンを再作成する必要があります。ピンの向きは変化しません。
    • デフォルトでは、ピンの高さは、ピンが取り付けられているツールから、選択した位置のブランクまでの距離です。
    • ピンを穴の内部に配置した場合は、そのピンの直径が自動的に計算されます。穴の形状が不規則な場合は、Inspire Formで設定されているデフォルト値を調整できます。
ピンの追加
  • ガイドバーで、ピンを選択します。ガイドバーのコンテキストをすでに離れている場合は、成形オペレーションのツールセットから、既存のピンツールをクリックします。
  • ステップ5からのタスクを繰り返し、ピンを設定します。