絞りビードの設定

モデル上のパートまたはサーフェスを絞りビードに指定します。

絞りビードは、特に、不規則な形状のスタンピングを使用した成形オペレーション中のメタルフローの速度制御に役立つリブまたはキャビティです。
  1. オペレーションに絞りビードを追加してから、絞りビードを選択します。
  2. モデル上で、絞りビードを取り付けるツールを選択します。
  3. クリックして確定します。
  4. 絞りビードを作成するラインまたはエッジを選択します。
  5. クリックして確定するか、ガイドバーで作成をクリックします。
    1. 絞りビードを複数選択する場合は、ガイドバーで割り当てをクリックし、選択したすべてのラインの絞りビードを作成します。
  6. 表示されるマイクロダイアログで、絞りビードパラメータの値を入力します:
    • RF(拘束力)
    • CF(型閉め力)
    • タイプ: 矩形円形、またはステップを選択します。
  7. 絞りビードのパラメータをさらに計算して定義するには、をクリックします。
  8. 表示されるマイクロダイアログで、絞りビードパラメータ(半径、高さ、溝肩半径、溝幅)の値を入力します。
    入力した値は計算されて、拘束力と型閉め力用に取り込まれます。
  9. 材料を特定の比率でロックするには、RF欄の左の矢印をクリックして、拘束力と型閉め力を制御するためのオプションを開きます。値を入力するか、プリセットボタンのL(低)20%、M(中)50%、またはH(高)80%を選択します。
    注: 絞りビードの肩半径が、希望のロック比率と一致するように自動的に変更されます。
  10. マイクロダイアログの外でクリックして、絞りビードの設定を確定します。


    図 1. シングルアクションオペレーションの絞りビードの例

キーボードショートカットとマウスコントロール

動作 操作
選択からの追加 / 削除 Ctrl+クリック
選択の反転 Ctrl+R