ダイの配置

オープン状態とクローズド状態のダイセットの位置を指定します。

位置編集用の矢印 を使用すれば、オープン状態とクローズド状態のダイセットをプレビューすることができます。ダイセットの位置は、自動的にまたは手動で定義できます。
  1. リボンで、解析に追加したオペレーションの上にカーソルを移動します。


  2. ツール位置の編集 矢印をクリックします。
    3つの欄を持つガイドバーが開きます。
  3. 1つ目の欄で、ダイセットのツール状態としてオープンまたはクローズドを選択します。クローズド位置のダイのさらなる修正を確認するには、クローズド位置を参照してください。
    対応する状態のツール位置が表示されます。ツール位置を調整した場合、対応する状態の最後の位置と方法が保存されます。
  4. 2つ目の欄では、ソフトウェアでダイセットを配置する場合は自動を選択し、マウスを使用してダイセットを配置する場合は手動を選択します。
    注:
    • モデリングウィンドウの左上隅にある凡例は、オープンまたはクローズドの位置の特定ツールに使用された配置方法を示しています。
    • ツールは、プリファレンスの自動ポジショニングがオンになっている場合、設定時に自動的に開閉の位置決めが行われます。デフォルトではオンになっています。
    配置方法 説明
    自動
    • 自動配置が可能なツールがハイライトされます。
    • 選択を削除または変更するには、ツールでCtrlを押しながらクリックし、必要に応じて新しいツールを選択します。
    • 選択を受け入れてツールを自動配置するには、位置をクリックします。
    注: 前のステップでツールが手動で配置された場合、クリックして選択しない限りそのツールはハイライトされません。下側ダイは固定のため、自動配置では選択できません。
    手動
    • モデル上で、配置するツールを選択します。
    • マニピュレータを選択してドラッグし、ツールを新しい位置に移動します。マニピュレータは、選択されたツールから下側ダイまでの距離を示します。
    • または、マイクロダイアログで距離を入力します。
    注:
    • 選択したパートの好きな場所にマニピュレータを移動するには、Ctrlを押しながらその場所をクリックします。
    • マニピュレータは、独自の方向に移動するカムダイを除いて、プレス方向に沿ってしかパートを移動しません。
    • 上側パッド、下側パッド、またはカムパッドの場合は、測定ツールが付随ツールからの距離を測定します。
    • 上側パッドまたはカムパッドを含む上側ダイまたはカムダイをそれぞれ移動すると、そのダイセットが一緒に移動します。
図 1. マニピュレータおよびマイクロダイアログを使用したツール配置

クローズド位置

ダイの位置を設定します。

ダイのクローズド位置を変更します。

  1. リボンで、解析に追加したオペレーションの上にカーソルを移動します。


  2. ツール位置の編集 矢印をクリックします。
    3つの欄を持つガイドバーが開きます。
  3. 1つ目の欄で、ダイセットのツール状態としてオープンまたはクローズドを選択します。クローズド位置のダイを変更するには、クローズを選択します。
  4. ガイドバーを使用してダイを設定します。ダイのクローズドギャップ(*厚み)を変更するには、をクリックします。ツールギャップをInspire Formのデフォルト設定に戻すには、稲妻アイコンをクリックします。