カムパッド - 後の設定

モデル上のパートまたはサーフェスをカムパッドの背面に指定します。

カムパッドの背面は、スプリングまたは油圧クッションを使用して下側ダイに取り付けられます。カムパッドの背面は、成形オペレーション中に適切な位置を維持し、ブランクの変形を回避するため、カムダイに対してブランクをグリップします。設定には、カムパッドと合わせるカムダイの選択も含まれます。
  1. オペレーションにカムパッドを追加してから、カムパッド - 後を選択します。
  2. ガイドバーで、あわせツールをクリックします。事前に選択されたカムダイがハイライトされます。クリックして確定するか、別のカムダイを選択します。
  3. ガイドバーで、パートまたはサーフェスを選択します。
  4. パートを選択した場合は、モデル上で、希望する結果に基づいて次の表からオプションを選択し、クリックして確定します。
    オプション 結果
    割り当て パートをカムパッドとしてすでに指定済みの場合は、割り当てを選択します。割り当てをクリックして確定します。
    オフセット パートにオフセットが必要な場合は、ガイドバーで、オフセットチェックボックスをオンにしてから、作成をクリックするか、クリックして確定します。マイクロダイアログで、オフセットの値を入力します。デフォルトは、シートの厚み+20%です。
    コピー パートをコピーすることでカムパッドを作成できる場合は、コピーをクリックすると、下側バインダーが表示されます。
  5. サーフェスを選択した場合は、モデル上で、カムパッドとして指定するサーフェスを選択し、クリックして確定します。
    オプション 結果
    オフセット サーフェスをコピーしてそれらをオフセットする場合は、オフセットをクリックします。マイクロダイアログで、オフセットの値を入力してから、クリックして確定します。デフォルトは、シートの厚み+20%です。
    コピー 選択したサーフェスのコピーを作成する場合は、コピーをクリックします。
    領域分割 選択したサーフェスを削除して、それらを新しいパートに移動する場合は、領域分割をクリックします。
    注: ブランクの厚みを変更する場合は、オフセットによって作成されたツールを再設定する必要があります。
  6. マイクロダイアログで、荷重を適用するオプションまたはギャップを維持するオプションをクリックします。荷重の場合は、初期荷重と最終荷重の値を入力するか、中間荷重の計算ボタン をクリックします。
    注: ギャップ値は、材料の厚み+20%です。
  7. クーロン摩擦係数を定義します。
    1. クーロン摩擦係数を定義するには、マイクロダイアログで、アイコンの横に値を入力します。
    2. クリックして確定します。
  8. クリックして、カムパッドの設定を確定します。


    図 1. クラッシュフォームオペレーションのカムパッドの例

キーボードショートカットとマウスコントロール

動作 操作
選択からの追加 / 削除 Ctrl+クリック
選択の反転 Ctrl+R