成形限界曲線(FLC)

材料の応力-ひずみ曲線は、材料の機械的特性を示し、その材料が破壊する限界を示します。Inspire Formは、応力-ひずみ曲線を計算するためのいくつかの方法をサポートしています。 は、応力-ひずみ曲線を計算するためのいくつかの方法をサポートしています。

Keeler - Beizer (オリジナル)

入力:板厚(t)、ひずみ硬化(n)。


Keeler - Beizer (修正版 I)

入力:板厚(t)、ひずみ硬化(n)。


Keeler - Beizer (修正版 II)

入力:板厚(t)、ひずみ硬化(n)。


NADDRG

入力:板厚(t)、ひずみ硬化(n)。


Abspoel & Scholting

入力:板厚(t)、ひずみ硬化(n)、0度での全伸び(A80)、全方向の最小全伸び、平均異方性(r)。

手法:FLCを作成するための4つの点を計算します。


点 1:TE
式の有効性に板厚の依存性はありません。


点 2: PS
式の有効性に板厚の依存性はありません。


点 3: IM


  • 板厚(t)が 以下の場合


  • 板厚が より大きい場合


点 4: BI


  • 板厚(t)が 以下の場合


  • 板厚が より大きい場合