ワンステップ解析

成形プロセスにおいて発生する板厚減少、割れ、しわなどの問題を特定するための成形性解析を実行します。

ワンステップ解析の実行

モデルに対して成形ワンステップ解析を実行します。

  1. ワンステップタブの解析アイコンで、解析の実行をクリックします。

  2. 解析の実行ダイアログで、解析の名前を入力します。
  3. オペレーションタイプとして、クラッシュフォームまたは絞りを選択します。
  4. メッシュサイズを選択します。次のオプションから選択します。粗い細かいカスタム非均一メッシュカスタム均一メッシュ
    注: プリファレンスのカスタム非均一メッシュのパラメータを調整します。ここでは、弦偏差最小要素サイズ最大要素サイズフィーチャー角度デフォルト値を定義します。解析の実行ダイアログの最大要素サイズでこの値を上書きすることができます。
    注: メッシュサイズをプリファレンスで設定したデフォルトパラメータに戻すには、稲妻アイコンを使用します。
  5. クーロン摩擦係数を入力します。デフォルト値は0.1です。
  6. オプション: スプリングバックを選択すると、ワンステップの後にスプリングバック解析が実行されます。スプリングバックの結果は、変位を表示するための解析エクスプローラオペレーションタイプとして利用できます。スプリングバック変位を Inspire Formによって生成されるレポートで公開することもできます。
  7. オプション: 実行を区別するための実行ノートを入力します。
    注: 解析エクスプローラーダイアログで実行名にカーソルを合わせると、その実行ノートが表示されます。
  8. 実行をクリックします。

実行が正常に完了したら、解析エクスプローラーダイアログで結果を表示します。

ヒント: 解析の実行を開始した後は、実行状況ダイアログを閉じて、実行の進行を妨げることなく作業を続行できます。実行状況ツールをクリックすることで、いつでも実行のステータスを確認できます。実行が完了すると、解析ツールグループ上にフラグが表示されます。

実行オプション:ローカルとリモート

ジョブをローカルで実行するか、リモートジョブサーバーで実行するかを選択します。

実行グループラベルをクリックして、ジョブの実行方法を定義します。

図 1. 実行オプションメニュー
ローカル:順次
実行要求をローカルコンピューター上の待ち行列に投入し、順次実行します。
ローカル:並列
ローカルコンピューター上ですべての実行を即座に同時に実施します。
注:

実行状況

現在の実行の状況をビューするには、現在処理中の実行のほか、まだ結果表示していない現在のモデルでの実行も表示されます。これまでのすべての実行を確認するには、実行履歴を使用します。

  1. 解析アイコンにマウスカーソルを合わせ、実行状況ツールを選択します。

    実行状況ウィンドウが表示されます。

  2. 実行の完了後、そのステータスを確認します。
    ステータス 説明 メモ
    実行は正常終了しました。 この状態は、解析アイコンの上に緑色の旗が表示されていることでも示されます。緑色のフラグをクリックして結果を読み込むことができます。
    実行は不完全でした。

    解析を実行しましたが、不完全な状態で終了しました。結果タイプのすべてではなくても、一部は有効である可能性があります。新規の解析を実行して完全な結果を生成することをお勧めします。

    計算はエラー終了で有効な結果はありません。 この状態は、解析アイコンの上に赤色の旗が表示されていることでも示されます。
  3. 1つまたは複数の実行を表示します。
    • 実行を表示するには、その行をダブルクリックします。
    • 複数の実行を表示するには、CtrlまたはShiftを押したまま行をクリックしてから結果表示ボタンをクリックします。
      注: 同じパートに複数の結果が関連している場合、そのパートの最も直近に実行された結果がモデリングウィンドウでアクティベートされます。
ヒント:
  • 実行が保存されているディレクトリを開くには、実行名を右クリックして、実行フォルダを開くを選択します。
  • 削除した実行または過去に表示した実行を表示するには履歴ボタンをクリックします。
  • 実行を削除するには、実行を選択し、削除を押します。解析エクスプローラまたはモデルブラウザで右クリックすると表示されるコンテキストメニューを使用して、実行の削除も行えます。

実行履歴

現在のモデルと以前のモデルに対するこれまでの実行を表示、ソート、開くか、削除します。

解析実行を表示すると、実行状況ウィンドウから削除されますが、実行履歴テーブルを使用して表示できます。
  1. 解析 または 流体解析アイコンにカーソルを合わせ、 実行状況ツールを選択します

    実行履歴が表示されます。

  2. 実行のステータスを確認します。
    ステータス 説明 メモ
    実行は正常終了しました。  
    実行は不完全でした。

    解析を実行しましたが、不完全な状態で終了しました。結果タイプのすべてではなくても、一部は有効である可能性があります。新規の解析を実行して完全な結果を生成することをお勧めします。

    計算はエラー終了で有効な結果はありません。  
  3. 実行を表示するには、その行をダブルクリックします。
ヒント:
  • 実行が保存されているディレクトリを開くには、実行名を右クリックして、実行フォルダを開くを選択します。実行履歴が保存されるデフォルトディレクトリは、実行オプションのプリファレンスで変更できます。
  • デフォルトでは、実行履歴が一定のサイズを超えると通知が届ききます。サイズ制限を変更するか、実行オプションのプリファレンスで通知をオフにできます。
  • 実行を削除するには、実行を選択し、削除を押します。