ワンステップ解析の実行

モデルに対して成形ワンステップ解析を実行します。

  1. ワンステップタブの解析アイコンで、解析の実行をクリックします。

  2. 解析の実行ダイアログで、解析の名前を入力します。
  3. オペレーションタイプとして、クラッシュフォームまたは絞りを選択します。
  4. メッシュサイズを選択します。次のオプションから選択します。粗い細かいカスタム非均一メッシュカスタム均一メッシュ
    注: プリファレンスのカスタム非均一メッシュのパラメータを調整します。ここでは、弦偏差最小要素サイズ最大要素サイズフィーチャー角度デフォルト値を定義します。解析の実行ダイアログの最大要素サイズでこの値を上書きすることができます。
    注: メッシュサイズをプリファレンスで設定したデフォルトパラメータに戻すには、稲妻アイコンを使用します。
  5. クーロン摩擦係数を入力します。デフォルト値は0.1です。
  6. オプション: スプリングバックを選択すると、ワンステップの後にスプリングバック解析が実行されます。スプリングバックの結果は、変位を表示するための解析エクスプローラオペレーションタイプとして利用できます。スプリングバック変位を Inspire Formによって生成されるレポートで公開することもできます。
  7. オプション: 実行を区別するための実行ノートを入力します。
    注: 解析エクスプローラーダイアログで実行名にカーソルを合わせると、その実行ノートが表示されます。
  8. 実行をクリックします。

実行が正常に完了したら、解析エクスプローラーダイアログで結果を表示します。

ヒント: 解析の実行を開始した後は、実行状況ダイアログを閉じて、実行の進行を妨げることなく作業を続行できます。実行状況ツールをクリックすることで、いつでも実行のステータスを確認できます。実行が完了すると、解析ツールグループ上にフラグが表示されます。