ワンステップ解析でのトレース

成形プロセスによってブランクがどのように変化するのかを測定するための複数のポイント、ラインまたはエッジを選択します。トレーサーは、最適なサイズのブランクを特定したり、成形プロセス時に材料がどのように流れるのかを理解するのに役立ちます。

  1. 成形解析を実行します。すでに実行されている場合は、トレースパスが表示されます。
  2. パート上のパスをトレースするには、解析エクスプローラでをクリックします。
  3. 表示されるマイクロダイアログで、パート上をトレースするためのトレースまたはエッジ解析を選択します。 トレースを選択した場合は、エッジポイント、またはラインを選択してパートをトレースします。エッジ解析を選択した場合は、エッジを選択して解析する必要があります。
  4. パート上で選択してから、アニメーションツールバーのをクリックし、選択したエッジ、ポイント、ラインが時間の経過に伴って領域内をどのように動くのかを表示します。
  5. オプション: をクリックして、ライン投影方向を定義します。
    以下から選ぶことができます。
    • ローカルブランク法線(デフォルト) シートのローカル法線に基づいて、ラインをブランクに投影します。場所によって異なります。
    • 絞り方向現在のステージの絞り方向を使用して、シートにラインを投影します。
    • ライン法線 ラインを含む平面の法線を使用します。
  6. オプション: フルトレースパスまたは部分トレースパスを有効にします。
    ライン投影の完全なトレースパスを表示するには、ライン上で右クリックしてコンテキストメニューを表示し、トレースを有効を選択するか、プロパティエディタで有効にします。

    ポイント投影の場合、デフォルトでフルトレースパスが有効になっています。あるポイントの開始から現在のアニメーションフレームまでの部分トレースパスを表示するには、パスの上で右クリックしてコンテキストメニューを表示し、トレースを無効を選択します。それ以降のフレームでは、トレースが表示されません。

  7. チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。
ヒント:
  • トレーサーはパートのフィーチャーに関連付けられています。トレーサーに関連付けられたパートのフィーチャーまたは形状に変更が加えられた場合、そのトレーサーは削除されることがあります。
  • トレーサーの表示と非表示を切り替えるには、モデルブラウザでそれらのアイコンをクリックするか、コンテキストメニューを使用します。
  • プロパティエディターで、トレーサーとそのトレースパスの色および線の厚みを変更できます。

トレーサーテーブル

トレーサーテーブルでは、モデル内のすべてのトレーサーがリストされ、さまざまな属性を編集できます。

位置:トレーサーツール、サテライトアイコン



図 1. トレーサーテーブル
動作 操作
トレーサー名の変更 テーブル内でセルを選択してから、もう一度クリックして欄を編集可能にします。
色の変更 テーブル内で色セルを選択してから、カラーパレットから異なる色を選択します。
カラムのソート カラムヘッダーをクリックします。繰り返しクリックすると、昇順と降順を切り替えられます。
カラムの追加または削除 カラムヘッダーを右クリックします。

ショートカット

動作 操作
参照パートの選択 トレーサーを選択した状態で、Ctrlキーを押しながら、ペーパーとして機能するパートを左クリックします。
ツールの終了 チェックマークを右クリックして、マウスで移動して終了するか、または右ダブルクリックします。